コンテンツへスキップ

この季節になると必ず思い出す金井直の詩


散る日
---------------------------------------------------------------------------

さくらの花が散る 惜げもなく己れを捨てるすばらしさ

うれい顔がそれを眺める

いま見たときから散りはじめたようなはなやかさを

見ているあいだに散り果ててしまいそうな風情

こんなにゆたかな心がどこにあろう

誰にも見られないうちから散っているのだ

そしてまた 落花に酔った者たちが去ったのちも

さいはてにむかって散りつづけているのだ

---------------------------------------------------------------------------
金井 直

こんな気持ちになって生きてみたいとつくづく思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA