*

大島紬は日本の宝、それを守り伝えていくのは私達の役目。

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 日々雑感 , , , ,

大島紬の産地研修のため、もう何十年も前に行った奄美大島に出かけてきました。大島紬はその軽さ、着心地の良さ、祖母私三代着られることから「きものの王様」と言われました。その日本の代表的な伝統文化であり伝統工芸品の成り立ちをわかっちゃいるけど、でも、初心に帰って勉強してみようと私を含め4名で南の島への訪問の旅です。

1
最近買ったカメラで空からの景色を撮影しましたが、雲の白さと空の青さは清潔感溢れとてもキレイです。自然は偉大な芸術家だといつも感心します。

2
空港に到着すると、「いもーれ奄美へ!」いもーれとは奄美大島の方言で、「ようこそ」という意味だそうです。大島紬姿の美しい女性たちのお出迎えです。

3
早速空港前の高倉の下で証拠写真の撮影。やっぱり南の島は暖かかった。

4
最初の目的地へ向かう途中、サンゴ礁の海を眺めながらのドライブ。

5
最初の目的地は泥染めの工房。テーチ木を砕いて煮込んだ煮汁につけてタンニン酸を糸に吸収させた後、ドロの田んぼでもみ洗いしていきます。

7
奄美の泥はパウダー状の粘土のように木目の細かいため、もみ洗いしても糸に傷がつきません。

6
店長も指導を受けながら泥染めに挑戦です。

そして次は、大島紬がこれほどまで緻密に制作できる工程の見学です。私は永年大島紬を扱ってきましたが、この締め機(しめばた)こそが大島紬の大島たる所以、他の紬にはない秘伝の制作工程です。大島紬のクレド(といっても良いくらいの:※使い方はちょっと違いますが)といえる工程です。

8
今までは絶対のこの工程を説明してくれなかたのですが、図面を見せて頂きこの秘技のさわりを聞かせてもらいました。

8-1
えっ、こんな緻密な計算までして糸にかすりの柄をつけていくのかと思うと、数学に精通し、さらに根気と忍耐が無いと絶対に成し得ない技術であることが分かります。

9
方眼紙に割り振った柄に合わせて織り上げた「絣ムシロ」。連続した柄を織り上げて行けるよう計算し抜いて制作していきます。

10
出来上がった絣ムシロに藍を摺りこんで行きます。

11
染めた絣ムシロを解いて織機にかけてきものを織ってゆきます。(実は大島紬は2回機織りをします。)実はこの作業は最後の工程で一般にはこの工程が有名ですが、実はその前の締め機(しめばた)こそが大島紬の命ともいえます。
こちらのページも参考にご覧ください。

12
大島の製作工程の難しさを物語るすべて織で作り上げた訪問着です。もうこのきものを織ることの出来る人はあまりいません。まさに神業としか言いようがありません。(下にご案内した大島紬物語では写真の作品も登場します。)

amamiの植物
今回の企画では、大島紬のすべてが分かる会として企画しました。どんなに時代がすすんでも私達の仕事はこのような伝統の上でしか成り立って行きません。きちんとお知らせすることが私達の将来を作って行くと信じて企画しております。少しでも多くの方にご来店いただけたらとても幸せです。

“ú–{‚Ì•ó‘哇’Û•¨Œê1

推薦本:賞味期限のウソ

関連記事

喉が痛い、咳が出る、今年の風邪はなかなか治らない。

4月になって少し喉が痛いかな?と思っていたらみるみる痛くなって とうとう唾も飲めないくらい

記事を読む

丼屋七兵衛さんで食事をしてポイントが溜まると黄金比率で制作された黄金のどんぶりがもらえた。

久しぶりのエントリーです。 NHKの軍師 勘兵衛の中の秀吉は黄金好きだったことで知られていますが、

記事を読む

私は会議や講演会に参加したときには、ほとんどメモを取らない。

EVERNOTEとGoogleKeepについて 私は会議や講演会に参加したときには、ほとんどメモを

記事を読む

大杉神社はパワースポット。春のような暖かい天気に恵まれ正五九詣りに行ってきました。

正五九参りのそもそもの始まりは10年近く前にお得意様に連れられてこの神社にお参りに行ったのが始ま

記事を読む

やってきたぜ!インフルエンザの猛攻撃1 とうとう犠牲者は5名に

保育園に通う孫に始まり、(1人目)次はその弟へ。(2人目) しばらくは大丈夫そうだったお母さんが2

記事を読む

夢を叶えてくれるお酒があった。大杉神社の祈願祭では境内で採れた梅の実を使ったブランデー漬けの梅酒を頂きました。

その名も「夢酒 」 まさに夢が叶う。願いが叶う。気持よく酔える夢のお酒。 とてもいいネーミング

記事を読む

鬼怒川の堤防決壊で銚子にごみ漂着「想像以上」

今回の鬼怒川堤防決壊で被災された方心よりお見舞い申し上げます。 今回の集中豪雨の影響で銚子にも想像

記事を読む

食べ物は新鮮で、できれば氏素性の分かっているものを食したい。

いまニュースになっているチキンナゲット。 床に落ちたり期限切れとなった冷凍鶏肉を拾い集め、食肉加工

記事を読む

チャレンジや研究を許容できる懐の深い組織に育て上げたい。

桜のピークが過ぎるとおしゃれチェーンの十日町産地訪問が始まります。十日町の組合の方々はおしゃれチ

記事を読む

ダイエットの目標はダイエットではなく、目的はズバリ、健康で楽しい人生のため。

今年92歳になる親父が3月末に意識障害(脳梗塞)で救急車で主治医の病院に担ぎこまれて以来、その間、約

記事を読む

推薦本:賞味期限のウソ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


推薦本:賞味期限のウソ


follow us in feedly
  • チャーリーとチョコレート工場に出てくるカカオ好きの「OOMPALOOMPAS(ウンパ・ルンパ)」に似ているというので人形をアイコンにしました。もちろんチョコレートが大好きで、結構、味にはうるさいです。
    続きを見る・・・・>
「ネット通販の拡大でヤマトドライバーから悲鳴続出 過酷な実態」というニュースについてドライバーから直接話を聞いてみました。

「結構大変ですね。再配達などあり完璧に終わるのは難しい」ですね

再起動リブート:斉藤徹を読んで・・・。

そもそもこの本を知ったのは、FB、Pinterestでお友達になった福

観音食堂「七兵衛」さんの新メニュー【鯖のしゃぶしゃぶ(さばのしゃぶしゃぶ)】正式にいただいてきました。

先日、FBで紹介したサバのしゃぶしゃぶはとても反響が多かったので、今回

つくば市のCOFFEE FACTORYというお店へ行ってきました。

先日は仕事仲間で特に懇意にさせて頂いているつくば市の「舞ん」さんが店舗

元祖オムライスを求めて京都祇園の「北極星」へ行ってきました。

もともとチャーハンやオムライスがたまらなく好きで、今回の京都出張ではオ

→もっと見る

  • いしげどっと混むブログ
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4人の購読者に加わりましょう


  • 推薦本
PAGE TOP ↑