コンテンツへスキップ

ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2014 全日程中止のお知らせ:FANも残念だが、ポールも残念というか、情けない気持ちでいっぱいだと思います。

予想はしていたがとうとう全部中止になってしまった。
これで今回のジャパンツアーは一度も開催されずに終わることになる。
「誰も見ないで終わる」ことになる。
考え方を変えれば、切符を手に入れた人すべてに公平だったとも言える。
FANの気持ちもそうだが、50年前からの筋金入りのファンとしての私はポールの心中を察してしまう。
「残念、辛い、申し訳ない、御免なさい、面目ない」何せポールのツアーは世界的にも大規模なものでスタッフの数やそれに携わる関係各社など大企業並だ。
私も経営者の一人として今回の中止になってしまった後始末の経費も莫大なものになるのだろうなと察してしまう。

キャプチャ

でも世界の宝、音楽界の財産、もう二度と生まれない天才ポールの健康を気遣う一人としては仕事より健康だと叫びたい。
天才は短命で終わったりして神様は一人の人間に多くの才能を渡したりしないものだが、あふれる才能と健康を授けたようです。

一度帰国して、体調を整えて再来日してください。ね!

ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー2014 全日程中止のお知らせ(2014年5月20日)より


お客様へ

 5月17日(土)、18日(日)の国立競技場公演を延期しておりましたポール・マッカートニー OUT THERE JAPAN TOUR 2014 のコンサートですが、ポール・マッカートニー本人の体調の回復を待ったものの、十分な演奏を行うまでに回復しないという事情で、5月21日(水)日本武道館公演、及び5月24日(土)ヤンマースタジアム長居公演も含めた全ての公演を、正式に中止とさせていただきますことをご報告致します。
公演を楽しみにされていたファンの皆様、ご期待に添えない結果となり深くお詫び申し上げます。

 5月17日(土)の公演延期の際に皆様にご報告させていただいた「ウイルス性炎症」による体調不良が回復せず、昨日19日(月)、引き続き静養に専念すべきとの医師の診断の結果を受けました。

 これを受けて、アーティスト側、招聘元および日本公演主催各社で協議を重ね、ここで無理をしてステージに立つよりも、ポール・マッカートニー本人の完全な体調回復を最優先すべきと判断し、非常に残念ながら、ポール・マッカートニー OUT THERE JAPAN TOUR 2014 の全公演を中止とさせていただく事を決定致しました。

今回のツアーに関しましては、度重なる延期決定に加え、結果として全公演中止という事態となり、皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
今後は、ポール・マッカートニー本人も希望している早期再来日公演の実現に向けてアーティスト側と協議してまいります。

 チケットに関しましては、5月22日(木)10:00から6月9日(月)まで、ご購入先にて払い戻しをさせていただきます。


高齢なポールの快復を祈願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA