*

再起動リブート:斉藤徹を読んで・・・。

公開日: : 日々雑感,

そもそもこの本を知ったのは、FB、Pinterestでお友達になった福田さんのFBへの投稿からだ。

「再起動」ということはを聞いたとき、私のイメージはシュワルツネッガーのターミネーターを連想した。

そうジョン・コナーを守るべく未来から送り込まれ、T-800未来型アンドロイドロボットが圧縮機で一度つぶされるがしばらくして目が赤く点滅し再起動のかかる瞬間だ。

本の帯封の「僕は4回死に、そのたびに復活した」というサブタイトルにも惹かれ、もしかしたら私と同じ考えで共有できる感覚に出会えるかもしれないとさっそくAmazonプライムで購入。

次の日の午前中に到着。

早速読み始めた。

プロローグでの特別客員教授に就任していた学習院大学での「起業論」の講義第一回目での著者の斉藤氏から学生たちへの質問で

「起業で一番大切なものって何だと思う?」

学生「高い志とか、ですかね」「新しいものを見つける目利き力、とか」「最短距離で勝利をつかむ行動力。あとカリスマ的な魅力も」

斉藤氏「どれも正しいと思うけど」

一つ上げるとすれば

「鈍感なことだよ。」

このくだりで私はぐっと胸ぐらをつかまれてしまった。

 

1話「ブレイクスルー自由への始動」から6話「パラダイムシフト再挑戦、そして覚醒」までの内容はまるでジェットコースターにでも乗っているような感覚。トイレへ行く時間も惜しくなるくらい。

資金繰り、裏切り、挑戦、ベンチャーバブルに乗った拡大、など読み物としても福田さんの言うように「半沢直樹」、「ハゲタカ」を確かに超えたものがある。銀行の狡さ、駆け引き、ビジネスの厳しさなど読み物としても息をつかせぬ面白さある。映画にしたら面白いだろうなあ。

しかしこの内容が斉藤徹氏の実体験であり、ノンフィクションだというところに著者の凄さと説得力が窺える。

真剣にビジネスを経験しているものなら程度の差はあれ、同じような気持ち、境遇になった方は多いと思う。

私もその一人。

過去に3店舗を経営していて、同時に2店舗を閉店し1店舗で残り2店舗+1店舗の手形を落としていく過程では銀行とのやり取りはまさにこの本に書かれているような状況も体験した。ちょうどこの本にも登場する山一證券の破綻があったころ。斉藤氏も窮しているころに読んだ「菜根譚」「老子」「貞観政要」山岡惣八「徳川家康」など、当時私も読みあさったり、とても共感する部分が多い。

私はこの時期の自分を振り返って、やれ「三方が原の戦い」だの「神君伊賀越え」だの勝手に弱気になった自分自身をあえて鼓舞していたこともあった。

その時の体験はとてもいい経験(遺産)となって残っている。

また斉藤氏は本書の中で

「迷いや悩みは、未知なる明日を恐れて自らの心が生み出した妄想に過ぎない。
そして、その妄想こそが僕たちの行動を著しく弱々しいものにしてしまう元凶なのだ。」

と語っている。

経営に思い悩むすべての経営者に贈りたい言葉ですね。

私の場合

「仕事につまづいていい考えが浮かばないときはまだまだ本当に困っていないんだ」

といつもいつも考えるようにしている。

さらに本書を真剣に読む者にとっては、それぞれに合ったたくさんの「魔法の言葉」がちりばめられている。

そして

7話(最終章)「リブート再起動」に行きつく。

 

 

この後はぜひ本書を手に入れて読んでいただきたい。

私も久しぶりでほぼ一日で読破しまったくらい魅力的な内容だった。

そして著者の斉藤徹氏にぜひお会いできたらと思う一人になってしまったようだ。

そして

株式会社ループス・コミュニケ―ションズ様が益々繫栄していくことを祈念いたします。

サイト:http://media.looops.net/

 

お薦めの本です。

推薦本:賞味期限のウソ

関連記事

2014年、明けましておめでとうございます。風邪をひいたまま散らかしっぱなしで新年がスタートしました。

皆さま開けましておめでとうございます。 今月7日で満64才を迎えますが、昨年暮れに久しぶりで高

記事を読む

長いようで短い。あまり過去は振り返りたくありませんが、もう40年も経ってしまった。

といいつつ、仕事のお話をしてしまいます。 この話はこちらのページの続きとして読んでいただければ

記事を読む

めったなことでは起こらない事が起きた。甲府に大雪!一刻も早い復旧をお願いしたいと思います。

これじゃー、物資は届かないよな。! 私の住んでいるところは銚子。大風や大雨はしょっちゅうですが

記事を読む

Facebookを始めてまる3年が経ったが、FBの極意は「違いを認める」こと。正しく使えばその繋がりの大きさに驚く。

FBを初めて丸三年。SNSという言葉の意味もわからず、「いいね!」の効果もわからずやって来ましたが

記事を読む

電車の中ではみんな下を向いてスマホの画面眺めてる。本当にそうなのか?調べてみました。

この表なんだと思いますか? これだけスマホが普及していて(もちろん地方ではガラケー愛用者もまだまだ

記事を読む

この季節になると必ず思い出す金井直の詩

散る日 -------------------------------------------

記事を読む

どうしようもない寒ーい一日でも、その日の終りにほっとする風景が広がるもんですね。

今日は定休日。ところが空はどんより鉛色の雲。あーせっかくの休日なのにと思って一日だらだら過ごした

記事を読む

食べ物は新鮮で、できれば氏素性の分かっているものを食したい。

いまニュースになっているチキンナゲット。 床に落ちたり期限切れとなった冷凍鶏肉を拾い集め、食肉加工

記事を読む

大杉神社はパワースポット。春のような暖かい天気に恵まれ正五九詣りに行ってきました。

正五九参りのそもそもの始まりは10年近く前にお得意様に連れられてこの神社にお参りに行ったのが始ま

記事を読む

滝風イオンメディックの話

久しぶりのブログ更新となりました。 世間では東芝の不正会計や三菱自動車の燃費試験偽装表示などの

記事を読む

推薦本:賞味期限のウソ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


推薦本:賞味期限のウソ


follow us in feedly
  • チャーリーとチョコレート工場に出てくるカカオ好きの「OOMPALOOMPAS(ウンパ・ルンパ)」に似ているというので人形をアイコンにしました。もちろんチョコレートが大好きで、結構、味にはうるさいです。
    続きを見る・・・・>
「ネット通販の拡大でヤマトドライバーから悲鳴続出 過酷な実態」というニュースについてドライバーから直接話を聞いてみました。

「結構大変ですね。再配達などあり完璧に終わるのは難しい」ですね

再起動リブート:斉藤徹を読んで・・・。

そもそもこの本を知ったのは、FB、Pinterestでお友達になった福

観音食堂「七兵衛」さんの新メニュー【鯖のしゃぶしゃぶ(さばのしゃぶしゃぶ)】正式にいただいてきました。

先日、FBで紹介したサバのしゃぶしゃぶはとても反響が多かったので、今回

つくば市のCOFFEE FACTORYというお店へ行ってきました。

先日は仕事仲間で特に懇意にさせて頂いているつくば市の「舞ん」さんが店舗

元祖オムライスを求めて京都祇園の「北極星」へ行ってきました。

もともとチャーハンやオムライスがたまらなく好きで、今回の京都出張ではオ

→もっと見る

  • いしげどっと混むブログ
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4人の購読者に加わりましょう


  • 推薦本
PAGE TOP ↑