*

平成振袖事情リターン▶新しい時代に対応する経営者となるために

公開日: : 平成振袖事情

14ge.com
最近、問屋さんや、業界の人たちから、いろいろな催事の成功事例を聞かされます。そして、いろいろな経営者はその真似をして催事を組み立ててみたりします。
ところがある店は同じように成功したり、そして他の店は失敗したりします。時々そう言うことを耳にします。

なぜある店は成功し、他の店は失敗するのでしょうか。失敗した店は形を真似、成功した店は形と心を真似るからだと思います。
最近、世の中の消費者の心理は個人個人がそれぞれの価値観を持ち、そしてそれらを誰はばかることなく表現して、生きることのできる世の中になってきています。お互いがお互いの価値を認め合いながら生きていける時代が到来しているにもかかわらず、画一的な方法論だけを語り合い、その方法こそが時代の心理であると錯覚してしまっているような気がします。

経営者それぞれのパーソナリティを活かした企画の立案そしてアレンジ等、とても大事な時代になりました。

たとえば、どうしたら振袖が売れるのか等という問題は永遠のテーマであるにもかかわらず、物質的サービスを羅列して、なぜこんなにサービスをしているのに売れないのだろうか、などと悩んだりもします。それをあの店ではこんなことをやったから売れたのだ、だからそっくりそのままやってみて、そして失敗するわけです。なぜ、失敗するのかそれは形だけ真似ているからです。自分に合った工夫がないからです。
本来、振袖を多く販売する特効薬は有りません。ただただ、「誰にも負けない努力をする」しかないのです。

何かいい方法がないかな?と思った時点から転落が始まります。
立派なサービスそして素晴らしい企画、これなら絶対に売れると思いがちですが、そうではありません。企画やサービスが不十分で、会期の当日まで心配しながら営業したときのほうがむしろ、成功しているケースがあります。

そう考えてゆくとアイデアと行動とは別々の箱にしまっておいたほうがいいのだと思います。抜群のアイデアを箱にしまい、そして満たされぬ気持ちでがんばりぬく、言いかえればいつもいつもハンディを背負ってがんばる。

会社としては、最高のものを企画する義務がありますが、それ自体はむしろ行動する人にとってデメリットになる場合もあります。

昨日の成功を今日の自己満足にして行動することこそ恐ろしいことはありません。
営業したときに、心をこめて熱心に説明することしかありません。自分の会社のメリットは別の箱にしまっておいて、素手で勝負をしなければなりません。サービスで客の気持ちを捕らえるのではなく、素の自分でお客の気持ちに迫って行かなくてはなりません。すなわちパーソナリティそのものです。

もっとも、良いパーソナリティと悪いパーソナリティがありますが、

良いパーソナリティとは
①常に明るい人
②誉めてくれる人
③やさしい人
④誠実な人
⑤理解してくれる人
⑥小さなことを大切にしてくれる人
⑦約束を守る人
⑧ 素直に謝まる人

悪いパーソナリティとは
①暗い人
②文句ばかり言う人
③厳しい人
④不真面目な人
⑤自分以外を否定する人
⑦挨拶をしない人
⑦すっぽかす人
⑧謝らない人

そんなことを並べてみると、あ、これって「小学生のときに親や学校の先生から教わったこと」ではなかったのか?と気がつきます。

なぜ、何も知らないころ、最初に教わったことが、今できないでいるのかと考えるときがあります。
多分、長ずるに及んで、我や欲がピタピタと体にくっついてきてしまうからなのでしょうか。
背負うものが多くなりすぎて心が圧迫されているからだと思います。
そう考えると振袖を売るにはどうしたらいいか?商売を成功させるにはどうしたらいいのか?がわかってきます。

圧迫された心を開いて、素直な自分で、常に相手のことを考えてあげる、つまり良いパーソナリティを発露させる。(但し、このことは自分自身が満たされた状態でなければ出てきませんが…・)

このことが実は大変難しいことなのですが、自分自身のExerciseとして取り上げ、習慣となるまで訓練することが必要になってくるわけです。

推薦本:賞味期限のウソ

—————————————————-

関連記事

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶新しい時代に対応する考え方と話法

振袖の反対話法「振袖は着ないから」「振袖はもったいないから」「振袖は高いから」と言うお客様からの反

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶従来のアプローチによる弊害とその対策

先日、久しぶりに振袖のお客様が来店した。本人は学生で親の経済的な問題もあり、振袖を買うことに対して

記事を読む

平成振袖事情リターン▶原理に添って組み立て、信ずる道を行く。

目指す仕事の完成や成就は、自分自身のミッションステートメントに従ってじっくりやって行くことが必要です

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶チャンスをつかむ

中国の古典に「天の時、地の利、人の和」と言う言葉があります。 私流に訳してみると、「会社経営を成功

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶内なる心で行動しよう。

最近いろいろな人から宇宙の原理原則であるとか、運命であるとか、成功するための原理原則であるとか、ま

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶絞り込み方とその割切り方

今までは接客の心構え、販売時の心構え、そして話法を作るときの根本的なフレームなどを間接的にお話して

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶レンズとレンズの違い

今や呉服業界にとどまらず、全産業が来るべき21世紀に対応すべく、死ぬか生きるかの最後のあがきの様相

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶やさしく相談に乗る。(カウンセリングセールス)

女性全体の生き方や価値観が多様化するにつれ、振袖対象者においてもこれまでの商品の価値、品の善し悪し

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶客の前にまず社員と共存共栄

「社員は、使用人ではなく共に働く同志である。」というスタンスを持って接していかなければなりません。

記事を読む

いしげドッと混むブログ

平成振袖事情リターン▶セールスは「価値観と価値観の交換」

先日、振袖対象者がゆかたを見にやって来た。お母さんと妹とそして本人、身長150cmの色白、おとなし

記事を読む

推薦本:賞味期限のウソ

—————————————————-

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


推薦本:賞味期限のウソ

—————————————————-


follow us in feedly
  • チャーリーとチョコレート工場に出てくるカカオ好きの「OOMPALOOMPAS(ウンパ・ルンパ)」に似ているというので人形をアイコンにしました。もちろんチョコレートが大好きで、結構、味にはうるさいです。
    続きを見る・・・・>
これこそ最高のお布施だ。

お釈迦様の言う最高のお布施とは、 誰に!、何を!、何時!

にっぽんの洋食屋さん発見!「新川津々井」

仕事の打合せで2度目になる、いや少し以前を寄せると4度目くらいになる地

正五久参りで出かけたあんばさま総本宮大杉神社のトイレがすごかった。

毎年旧暦の1月、5月、9月に商売繁盛や健康祈願でお参りを欠かさない正五

滝風イオンメディックの人気をマイナスイオンの効能と作用からその健康への効果を探ってみました。

滝の下の2000倍ものイオンを発生させる滝風イオンメディックの

特急指定席料金は日によって変わるってご存知でしたか?

下の写真は新幹線の特急券です。 往復で予約してみると行きと帰りで

→もっと見る

  • 滝風イオンメディック

  • いしげどっと混むブログ
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    623人の購読者に加わりましょう

  • 推薦本

PAGE TOP ↑