*

大英博物館特別出品の春画展に行ってきました。

公開日: : 最終更新日:2016/01/20 よもやま話

春画は浮世絵の一種ですが、江戸時代に流行した性風俗を描写した絵画です。
先日日本では初めてという春画展を見に行ってきました。
春画はどのような絵かググッて見ればすぐ分かりますのであえて掲載いたしません。

今回はその春画展に行ってみて、分かったことを投稿しようと思います。

まず来場者は老若男女たくさんの方が見に来られておりました。
そして展示室の入り口から込み合っておりました。列がなかなか進みません。係員が「ご覧になる方は足を止めずに進みながらご覧になってください。」と促していました。

そう、どこをそんなにゆっくり見てるんだ~。と言いたいくらい足を止める人が多数。
そんなわけで永青文庫は狭いのですごく込み合った感じがしました。
その分大盛況だな!とも感じました。
20150926_122312
そして来場者はカップルで見に来る方も結構いました。

・白髪混じりのご夫婦で見入っているカップル。
昔を思い出しているのかな?(笑)

・20代後半~30代らしきカップル
今夜はこんな風にするのかな?(笑)

などと違った意味でこの「春画展」楽しんできました。

で私の行ったルートですが、山手線で目白下車、雨がひどかったのでタクシーで。
多分、秋深まった天気のいい日にてくてく歩きながら向うのも一考かと思います。
(結構距離はありますがお腹の出た方や、ダイエット中の方には歩きをおすすめします。)
その他のルートは細かいですが下の画像をご覧ください。
20150926_122357

【春画を見ての感想】
実際の写真より、絵画だけに作者のフィルターを通しているだけ思いも入っているのか、とてもエロティックでした。
こんな素晴らしい絵画が英国やその他外国に多数所蔵されているのが残念です。
改めて日本人の描写力、繊細さに脱帽でした。

皆様も一見の価値ありです。日本の深い文化を知ることになります。

推薦本:賞味期限のウソ

—————————————————-

関連記事

パワーをつけたい、成功させたい、入試に合格したいときの歩き方。

正五九参りに行って来ました。 1月と5月と9月に行くから正五九参りといいます。 いつものお仲間、勝田

記事を読む

京都祇園のお茶屋さんでひそかなブーム柏屋の態態(わざわざ)わりわり

京都の友人から「わりわり」知ってはります?とメールがあった。 元祖ぬれせんべいの柏屋さんのぬれせん

記事を読む

朝起きて腰が痛いのは低気圧のせい?

日常生活を送る通常の環境の気圧は約1023ヘクトパスカル(1気圧)です。 下の図は本日の気圧です。

記事を読む

なぜ家紋が必要か?家紋はヨーロッパの紋章と同じ役割があった。

いよいよNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」も秀吉の天下取りの時代となって面白くなってきました。 そんな

記事を読む

お金が増える方法がもう1つあった。

財布の中に入れておくだけでお金が増える?ほんと? その秘密はこのお種銭にあった。 【実際にあ

記事を読む

滝風イオンメディックの話

久しぶりのブログ更新となりました。 世間では東芝の不正会計や三菱自動車の燃費試験偽装表示などの

記事を読む

推薦本:賞味期限のウソ

—————————————————-

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


推薦本:賞味期限のウソ

—————————————————-


follow us in feedly
  • チャーリーとチョコレート工場に出てくるカカオ好きの「OOMPALOOMPAS(ウンパ・ルンパ)」に似ているというので人形をアイコンにしました。もちろんチョコレートが大好きで、結構、味にはうるさいです。
    続きを見る・・・・>
連休2日目の昼は釜飯「しょう亭」>>>うなぎ釜飯、最高でした。

銚子は魚の町ですが、実は市内には釜飯がとってもおいしいお店があるのです

病は気(空気)から。ガソリンより高い水を買う時代、毎日吸う空気にも気を使いたい。

本当に久しぶりのブログエントリーです。 先日懇意にさせて頂いてい

「ネット通販の拡大でヤマトドライバーから悲鳴続出 過酷な実態」というニュースについてドライバーから直接話を聞いてみました。

「結構大変ですね。再配達などあり完璧に終わるのは難しい」ですね

再起動リブート:斉藤徹を読んで・・・。

そもそもこの本を知ったのは、FB、Pinterestでお友達になった福

観音食堂「七兵衛」さんの新メニュー【鯖のしゃぶしゃぶ(さばのしゃぶしゃぶ)】正式にいただいてきました。

先日、FBで紹介したサバのしゃぶしゃぶはとても反響が多かったので、今回

→もっと見る

  • 友だち追加

  • いしげどっと混むブログ
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    4人の購読者に加わりましょう

  • 推薦本

PAGE TOP ↑