コンテンツへスキップ

着物は古典柄が主流ですがこれほどまでに色にこだわり線にこだわり、生地にこだわり、そしてやっぱり伝統にこだわり図案から染まですべてご自分で手がける青野保夫氏の作品に惚れて先日工房にお邪魔してきました。
1
2人で撮った記念写真ですが、バックの写真を見てください。
ジョンとヨーコです。
先生は大のBeatlesファン。
私も中学生の頃からのファン。
お互い同い年で50年近くの筋金入りのビートルズおたく同士。
趣味がシンクロしてとうとう工房訪問となったわけです。
2
作品名「ダイヤモンドカキツバタ」
この着物はファションカンタータに出品した着物です。
3
井桁がけしてこの着物を見るとえっと思わせるインパクトがあるのですが、体にまとってみるとこれがすごい!違和感がまったくないのです。
4
手抜きを一切断ち切って無骨に手間隙かけて制作した着物はやっぱりほんとに素晴らしい。
今回の訪問で先生には振袖の制作をお願いしてきました。
9月には発表できそうです。お楽しみに・・・。

正五九参りに行って来ました。

1月と5月と9月に行くから正五九参りといいます。
いつものお仲間、勝田台の武蔵屋の社長の榎戸さん、つくば市の舞んの社長の淀名和さん、銚子観音食堂漬け丼の「七兵衛」のご主人と私の4人です。
天気は気持ちいい五月晴れ。
久しぶりで気持ちのいいお参りとなりました。
3-1

パワーがみなぎる兎歩(うほ)

本日の正五九参りでは宮司さんから初めて兎歩という言葉を聞いた。
中国の兎王が洪水を鎮めるため神とつながった歩き方をしなければならず、地面に足を磨って歩いた変な歩き方を言うらしい。

大杉神社にはこの兎歩なる歩き方を示した石が境内にある。
この歩き方をすると邪気を祓うパワーがみなぎるといわれている。

入学試験など商売などの一発勝負にはパワーがみなぎって願いが叶うといわれている。
ここぞ!というときにこの歩き方で物事を成功に導ける不思議な歩き方です。
皆さんもここ一番の時にはこの歩き方をしてことにあたるといいですよ。

5
【歩き方】

左足→右足→左足揃えて→右足→左足→右足揃えて→左足→右足→左足揃える

 

7

兎歩(うほ)をマスターして降りかかる災いを祓いましょう

byouki2

4月になって少し喉が痛いかな?と思っていたらみるみる痛くなって
とうとう唾も飲めないくらい痛くなった。
微熱がある程度。
かといって食欲がなくなるわけでもなく我慢しながら長野へ出張。
のどからは赤い痰が出て昔だったら痰が出て咳になって終わりというのだが
今年の風邪はちょっと違う。

いつものお医者さんに行くと先生も私と同じ症状。
長いぞ!といわれ抗生物資と痛み止めを5日分もらってくる。

さすがにお医者さんからもらった薬は飲み終わる頃にはある程度良くなるようにできている。
やっと良くなったと思ったら、また再発。本当は治ってなかったのかも知れない。

そんなわけで喉の痛みと夜中の咳に悩まされています。

風邪をひくと頭痛や熱、咳、のどの痛みなどいわゆる代表的な症状はあるにはあるが、
人間年を取ると、風邪の症状も人それぞれいろいろあるが、直接的にえっ風邪?という独特の症状があるもんです。

私の場合、風邪だと思うときは
・寝つきが悪くなる
・朝早く目が覚めるようになる
・おなかがゴロゴロなる
・肩が凝る
・背中が張る
・お腹は痛くないのに下痢をする
・便の出が悪くなる
・小便が頻繁になる
・オチンチンがゾクッとする(微熱の影響かも知れませんが)

私は昔からのどの粘膜が弱いようで風邪を引くと必ず喉周りがやられてしまう。
ですから上のような症状があると早めに風邪薬を飲む。

そしてやっと探し当てたのがこのベンザブロックだ。
風邪をひいたと思ったら、まずこれを飲む。弱い喉が痛んでなくてもまずこれを飲む。
大体は良くなる。
私の場合はこの銀の箱のベンザブロックがフィットしていて早期の場合はこれで早めに直している。

風邪は誰でもかかる病気なので、ひどい時には医者に行くのが一番ですが、自分にフィットする風邪薬を探し当てておくのも
1つの健康法といえそうですね。

鼻水の方はこちらも参考に!

朝十時に大杉神社に出発したときにはみぞれ混じりの寒い天気でしたが、途中から空は青く広がり絶好の正五九詣リ日和になってきました。
いつものお仲間、勝田台の武蔵屋呉服店勝田台店の榎戸社長、つくば市舞ん社長淀名和社長、お隣の観音食堂「七兵衛」の清水社長、そして私の4人です。

正月だけあって境内の駐車場は満杯。仕方なく裏の駐車場へ、そこも結構いっぱいでどこでも留められる状況でない。
さすが年の初めの1月だけあって念願成就のお礼の絵馬札やお願い事の書かれた絵馬がぶら下がっていました。

大杉神社は来る度ごとに立派になっています。
27年の厄年表を撮影してきましたので大厄、小厄など見るとわかりますので是非参考にご覧ください。
これを見ながら年回りで仕事を組み立てたりとても参考になります。信じていない人もぜひ一度自分の年回りを見てください。統計学ですので意外とあたりも多いはずです。

今日の大杉神社は風もなくとても気持ちの良い青空が広がっていました。
5
正五九詣リは4ヶ月に一度ですが、今回は商売繁盛のほかに長く入院している父親の快復祈願もお願いしてきました。
3
普段、悩んでいる事など思い切って神頼みしてしまうと気持ちもとても晴れ晴れとして、次に向かうステップにもなります。
そう考えると神社におまいりすることは、心願成就の御礼と感謝と自分自身の充電にもなったりします。
6
厄を除くかわらけは割ってきませんでしたが、お財布に中にお金がいっぱい貯まるようにと種銭を求め銀の種銭を大杉神社に、金の種銭を境内の大黒神社の賽銭箱の隅に置き参拝し財布の中に入れてきました。

これで明日から財布にきっとお金がたまっていくんだと一人気分をよくして帰ってきました。(笑)
とても気持ちの良い一日でした。

fb
1週間5000円の予算で1月の催事案内のブログの記事にリンクするFBページへの投稿を有料広告としてテストした結果を報告します。
頁は以下です。

そのページはこちら
-------------------------------------------------
記事自体を見てくれた人4976人
記事の写真をクリックした人38人
リンクをクリックした人13人
ページ自体をいいね!した人2人
この記事をいいね!した人266人
コメントを残してくれた人1人
-------------------------------------------------
という結果に終わりました。
記事を見てリンクページまで行った人は1%です。
この割合はadwordsの広告とほぼ同じ比率でした。
検索して表示されたものをさらにクリックしてくれる確立は1%という
話は石崎さんのお話と一致しました。
つまりDMを撒いて届いたのを確認してくれた人が5000名(それも読者のためになる記事を載せての条件ですが)
来場してくれたのが50名
それから購買につながるのはその1%の中からになるわけですから
仮に10名の訪問者が欲しい場合は1000名に見てもらわなくてはならないということがわかりました。
逆に考えますとHPを見てもらうこと自体も競争率の激しい振袖商戦の中では難しいということになります。
ただHPを作っただけではまずは誰にも見てもらえないということになります。
更新を頻繁にしてページ数を200から500ページにもなるようなコンテンツを持ったHP運営が必要になるということになります。
ネット環境でのリテラシーの少ない人たちが名簿がなくなってHP、HPというけれど相当な努力が必要だということになります。
振袖を地元で数多く販売するならリアル店舗の運営にもっと力を入れた方が早道だということがわかります。
さらにこれからの振袖HPは全国展開の店舗でなければ、地元の対象者に見てもらえる形式にと内容にすべきであると思われます。

結果

Webは業種にもよるが地元(商圏範囲内)でNO1を目指すべきだと感じた次第。

キャプチャ
成人式の振袖は女性が成人したときに着る正装ですが、最近は式典に出席する目的の他に前撮りや後撮りで自分なりの決めポーズの写真を何カットか撮影する女性が多数を占める時代になってきました。
そこで大事になってきたのが振袖を着たときのヘアスタイルです。成人式の記念写真の撮影には最高に自分に合う髪型に髪飾りをつけてカメラに向かえればと髪型を集めたピンタレストに「Furisode Hairstyle/振袖ヘアスタイル」というボードを開設してみました。
そしてPinnerにはFBフレンドでピンタレストのフォロワーを20万人近く持つSKさんと10万人近くをもつANさんにお願いすることになりました。
髪型は随時ピンされるので常に新しい時代の空気を吸ったヘアスタイルが登場することになリます。
このサイトをブックマークしてiPhoneやAndoroidスマホから眺めて頂いたら最高の幸せだと思っている。
http://goo.gl/xVGoaC

ぜひご活用くださいね。

久しぶりのエントリーです。
NHKの軍師 勘兵衛の中の秀吉は黄金好きだったことで知られていますが、私もとうとう黄金のどんぶりを手にすることができました。
いやー、ちょっと金持ちになった気がするから黄金のパワーはすごいですね。
2
どうして手にすることができたかというと、
お隣の「丼屋七兵衛」で食事をするたびにポイントがもらえてお隣なので個人的にも出かけては漬け丼を食べ、展示会の準備の折には問屋さんと夜の食事をするたびに頂いたポイントでこのような黄金のどんぶりを手にすることができたわけです。
1
いやーそれにしてもいい色だ!
3
春から初夏にはいわしの漬け丼
10336797_684916001582120_9054989311560117742_n
そしてマグロの漬け丼
10155631_669199749820412_8357385189437554631_n
サバはやっぱり冬場が最高です。
特に11月12月のサバは脂がのってて甘くて最高です。
これはサバの沖漬け。
996959_576022582471463_1727742681_n
そして七兵衛さんのサバの味噌には私の女房の大好物です。
579271_576022612471460_827183306_n
これからの時期、銚子の地魚 特にサバのおいしい季節になりました。
皆さま、ぜひ銚子にお出かけください。

観音食堂七兵衛さんのFBページ

グーグルアドワーズを始めてみて分かった事なのですが、スマホ人口が急速に拡大している中でウェブサイトはスマホ対応でないと意味をなさなくなってきているということ。
この表を見ると歴然です。

これは当店サイトの広告がクリックされたデバイスの比率ですが、
スマホPC構成
上のグラフは実際にGoogle検索で当店の表示された割合です。約10人中3人がパソコンでみていることになります。ということは残りの7名がスマホかタブレットということになるわけです。

さらに下の表は実際にググッた結果、当店のサイトを見てくれた方は約10名中8名まではスマホで見ているということが人から教えられたわけではなく実際に分かったという次第。

元々は永江一石のブログITマーケティング日記でも紹介されているようにスマホの普及率はものすごい。

東京の電車に乗ると、乗客のいじってるほぼ90%がスマホである。この間、ガラケーを一所懸命いじってるおばさんがいて、覗くと美少年恋愛ゲームなんかやっていて周囲の気温が30度位下った気がしたが、それはともかくガラケーを見る方が珍しい。ガラケーとスマホの2台持ちの人も、ガラケーは通話用だから電車の中ではスマホをいじってるわけね。

さらにHP制作にも多大な影響を与えています。
いくらHPのコンテンツを充実させても8割の方がスマホでそのサイトを見ているわけだから、スマホでPC用のサイトを見せられると、多分繋がった時点でページを離脱しているに違いないと思うわけです。
さらにバナーやコンテンツも読みやすく出来るだけ短い文章で作る技術とコピーライター的要素が必要になってくると思っています。
そして当店のように成人式振袖を扱い、その年代(18歳から20歳のお嬢様)を考えるとスマートフォン対応のHPなくては折角のサービスや内容が十分に伝わらないことを実感します。

というわけで改めて当店ウェブサイトを紹介させて頂きます。

http://www.14ge.net/

20代の後半に(今から35年以上も前)当時アメーバー経営(確固たる経営哲学と精緻な部門別採算管理をベースとした経営手法「時間当たり採算=(売り上げ-経費)÷労働時間」)を編み出した稲盛和夫という経営者がとても気になって、その本を読み始めたのがそもそもの始まりだ。

以来、氏の書いた本はすべて読ませて頂きました。名前「和男:一文字違う」が一緒だということもあるのだが、私の考える生き方と氏のストイックさに共感を覚え今日に至っている。
そんな中、京セラ社員にしか手にすることの出来ない「京セラフィロソフィー」を某問屋の社長さんからプレゼントとして頂き大切に読ませていただいている。
LINEcamera_share_2014-10-27-21-40-23
その中でも心に残るフレーズは、

  • 地味な努力を積み重ねる
  • 土俵の真ん中で相撲をとる
  • 私心のない判断を行う
  • 利他の心を判断基準にする
  • もうダメだというときが仕事の始まり
  • 成功するまであきらめない
  • 人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
  • 動機善なりや、私心なかりしか
  • 必要なときに必要なだけ購入する

言葉だけ見ると子供の頃に学校の先生や親から口をすっぱく言われてきたことなのだが、複雑な社会で我を見失うようなときに、この言葉が光ってくる。

私も40歳のときに自分なりに「京セラフィロソフィー」の考え方をもとに「社員心得」を27か条にまとめ作成した。
以来20数年朝礼で社員がそれぞれ順番に読み上げて唱和している。

  1. 自分自身の人生目標を立てよう(自分はこうありたいという目標)
    目標なきところに行動なし、行動なきところに結果なし
  2. 強烈な願望を持ち、努力しよう
    潜在意識にも到達するような願望。
    毎日毎日繰り返し、念い行動する。
  3. 昨日より今日、今日よりも明日と日々成長しよう
    山登りもまず一歩から。
    山の頂上を思い描き、いい景色か悪い景色か思い悩むより
    まず登るために力強い一歩を踏み出そう。
  4. 小さいことを毎日たゆまず飽きずに続ける、勇気と創造を持とう
    個人の能力より、物事を飽きずに続けられる人のほうが、
    最終的には必ず目標地点に到達する。
    うさぎとカメだったらカメの方が立派だと思う。
    俊足のカメだったらもっといい。
  5. 何事もプラス発想
    冷静に考え、そのことがプラスであるか、
    マイナスであるか判断するだけでも
    考え方がプラス発想になる。
  6. 思いやりの心を持とう
    思いやりの心-キリスト教では愛
    仏教では布施、慈悲にあたる。
    自分以外の人に思いやりの心で接しよう。
  7. 何事にも勇気をもってあたろう
    こんなことを人前でカッコ悪くて出来ないとか、
    こういう決断は人から文句が出るとか、
    正しい判断も自分に勇気がなくて出来ないことがある。
    これは悪い妥協。
    どんな小さいことでも決めるときには勇気が必要です。
  8. 土俵の真ん中で相撲を取ろう
    うっちゃりで勝てるのであれば、
    なぜ真ん中で戦わないのか。
  9. けんかは勝つつもりでやろう
    負けると思って戦えば、必ず負ける。
    出来ないだろうと思ってやる仕事は、必ずできない。
  10. 易きにつくことはやめよう
    小善は大悪をなす。
    大善は非常に似たり。
    小悪は大善をなす。
  11. 強気、負けん気精神を養おう
    どんな状況にあっても、
    たとえ最悪の状況であっても・・・
  12. 潜在意識で覚えるまで徹底的に行動しよう
    同じ事を繰り返し繰り返し、体で覚えるということ。
    ここで言っているのはまず、
    考え方、次に仕事。
  13. 利他の心が自分を動かす
    自分自身のためにだけだったらどこかで諦めてしまう。
    まず誰か(家族)のためにくじけず働かねばならない。
    そういう考え方そのものが利他である。
    利他そのものが自分自身を動かしてくれる。
    (自分以外の人のためにという気持ち)
  14. よい妥協をする
    よいことを良きこととし、
    素直に認める心。
  15. いつどんなときでも諦めない
    NEVER GIVE UP精神
    微力でも諦めないでコツコツやる人の方が、
    能力のある人よりも
    最終的には人生の勝利者になる。
  16. 何事にも完璧主義であれ!
    何事も完璧に遂行すれば、
    心が空になり、
    次のことを吸収するエネルギーが生まれる。
  17. 毎日のことが大事、常日頃がモノをいう
    好況のときに不況のときのことを考え行動することが必要。
    好況のときにこそ、商いの真髄を学べ。
    接客態度、在庫、経費、社員教育。
    いつもいつも崖っぷちに立つ心境で。
  18. 平凡なことを完璧にやると、
    それが人に感動を与える。
    仕事に惚れる。
    本当に単純なことなのか?
    よりよく工夫。
  19. よい決断の実行は明日にのばさず、決断直後から実行する
    よい決断であれば、
    実行を先送りにすること自体が
    もうそこでマイナスとなる。
  20. 弱音が出るうちは、まだまだ余裕のある証拠
    ほんとうに切羽詰まった状況になると、
    弱音さえも出る余裕がなくなってくる。
    勝負はこのときにやってくる。
    ここで大きな決断をしなければならない。
    すべてを諦めて敗北者となるか。
    戦う気力など今はないが諦めずにコツコツやるか。
    このたった二つの選択が
    自分の人生を大きく変えて行きます。
  21. 仕事は考え方×能力×熱意
    能力はプラス、熱意もプラス。
    しかし、考え方だけが
    プラスからマイナスまである。
    だから考え方が一番大事!
  22. 事業は実務で観念論ではない。
    理屈抜きの行動。
    観念論+理屈抜きの行動。
    現場第一。
  23. 売上極大点、経費極小点をめざせ
    会社の儲け=売上-商品原価-経費
    そして、内部留保が出来れば、
    会社が不況のときでも安定して思うように行動ができる。
  24. 来客買上率100%をめざせ、商売の極意が備わってくる。
    買上率100%をめざす気持ちが、
    自分自身の足りない部分を反省させ、
    接客に必要な事柄がわかってくる。
  25. 創造的な仕事をする
    日常の仕事の工夫ということ。
    それがどんなにつまらなく思える仕事でも。
  26. 1%の可能性にも、挑戦できる勇気をもとう
    最後の1%が勝負の分かれ目
    人生の分かれ目、ということがよくある。
    たった1%の可能性に
    自分の100%の力を注ぎ込める勇気をもとう。
  27. 社員全員が同じ考えで前に進もう!(ベクトルが同じ)
    社員は光。
    光を集め集中すると
    なにものでも焼き切るエネルギーが生まれる。

 
そしてこの「京セラフィロソフィー」電子版でも出たので皆様に紹介いたします。

電子版といっても少し高めですがそれなりの価値のある人生の指針が書かれています。